ひな祭り

ひな祭りの本当の由来は?昔の風習と現代のやることは違う?

お雛様を飾ったり、ちらし寿司を食べたりと華やかなイメージの女の子のイベントであるひな祭り。

実は悲しい出来事が由来となっていることを知って驚き!

ひな祭り(お雛様)はもともと、子どもが亡くがなってしまったことがきかっけとなっている行事だったのです(TT)

ひな祭りの本当の由来は?悲しさと楽しさが混ざって出来た行事だった!

ひな祭り(お雛様)の起源は、約1000年前の中国まで遡るくらいとっても長い歴史があります。

なので、いろんな説がありますが一般的に伝えられている由来をご紹介していこうと思います。

ひな祭りの始まりは子どもが亡くなった出来事

昔、徐肇(じょちょう)という男がいました。

その男の子どもとして3人の女の子が産まれましたが、3月初めの巳(み)の日。

産まれて3日目にして3人とも亡くなってしまったのです。

kako
kako
どこを見ても3なんだね。だからひな祭りは3月3日なのか…。

この出来事を祟りと考えた人々は、水浴をして忌み汚れを流し禊(みそぎ)をおこないました。

それ以来、この日を悪日として川辺に出て不浄を除くため水で祓(はらい)を行うという風習ができたのです。

これが日本に伝わり、3月上旬の巳の日に紙や木で作った人形に穢れ(けがれ)を移し、
その「ひとがた」を川に流して厄を祓うようになりました。

無病息災を願い、川に人形を流していたことが『流し雛』の始まりです。

現在のきらびやかなお雛様からは想像もつかない悲劇が由来となっていますが、だから現在でもお雛様は”身代わりとなって厄を引き受ける”という役割を担っているというわけなんですね。

ちなみに、この悲しい出来事だけがひな祭りの由来だけではありません。

ひな祭りが華やかなのは貴族の遊びがもとになっているから!

お雛様が華やかで綺麗なのには理由があります。

平安時代では、貴族の女の子たちの間で「ひいな遊び(雛遊び)」という人形遊びが行われていました。

この人形遊びがだんだんと立派になっていき、更にはそんな人形を川に流すのはもったいないということで部屋の中にお雛様を飾るようになりました。

それが3月3日のひな祭りに女の子の幸せを願ってお雛様を飾るという行事になりました。

ちなみに、ひな祭りが『桃の節句』と呼ばれているのは”季節のもの”ということ以外に桃には邪気を払う力があるからだと言われています。

kami
kami
桃は生命力・不老・平和の象徴なのだよ。

ひな祭りは昔の風習と現代のやることは違う?

ひな祭りの昔の風習は上記で説明したように、もともとは紙や木で人形を作って川に流し、身の穢れ祓う行事が主な風習でした。

現在でも”身代わりとなって厄を引き受ける”という意味合いとしてお雛様を飾っていますが、昔とは少し変わってきています。

というのも、昔は医療も発達していませんでしたから病気だったとしても子どもが亡くなったりすることが祟りとして考えられていました。

その祟りを祓う意味での”厄”でしたが、現代では女の子が健やかに元気に育ち、幸せになれるようにと願いを込めて雛人形を飾ることが主流です。

そして、しまうのが遅くなるとお嫁に行けなくなると言われているように将来、『幸せな結婚ができるように』という願いも込められています。

ひな祭りはおしゃれなインテリアとしても活躍中!

最近ではお雛様の目的はさておき、インテリアとして楽しむ方も増えてきていますね。

どういったお雛様があるのかを調べてみて驚きました。

古風なお雛様も素敵ですが、イマドキなお雛様もとってもおしゃれでいいですね♪

見た目はどうであれ、お雛様はお雛様なのでインテリアも考えつつ、可愛い我が子の幸せを願うお雛様を選ぶのもいいかもしれません!

7段飾りのお雛様も迫力満点で魅力的ですが、コンパクトで出し入れ簡単なお雛様もとっても人気ですよ\(^o^)/

※基本的にお雛様は1人につき1つと言われていますので、姉妹の場合は2つ用意しましょうね!

 

洋室に合う雛人形!4年連続最も売れた人気商品!

おしゃれでコンパクトな雛人形!丸形で可愛い!

インテリア雛人形!シンプルで木のぬくもりが素敵!

まとめ!

今日はひな祭り(お雛様)の本当の由来についてお伝えしました。

ぼやっとは理解していても本当の由来って案外知らないものですよね。

まさかワクワクするひな祭りがあんな悲しい出来事からきている行事とは驚きでした。

でも、知ることによってひな祭りへの想いも変わってきますね。

子どもの成長を祈りながら、ひな祭りを楽しみましょう!

お雛様はいつからいつまで飾る?片付けるのは節句が終わった翌日!お雛様を用意したはいいけど、いつからいつまで飾るのか。 いつしまえばいいのか...悩みますよね。 お雛様はいつか...
お雛様は誰がいつ買う?お下がりがよくないと言われる理由は?女の子が産まれたらお雛様を用意しなくちゃ!って思いますが...。 誰が買うの?いつ買うの?母のお下がりでもいいの?って疑問だらけ。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です